結婚前に想像しなかった結婚後の苦労

結婚は人生の中の大イベントです。恋愛結婚やお見合い結婚など結婚するきっかけは様々ですが、結婚によってそれまでの生活が一変することは間違いありません。 ただし、それまで他人だった人同士が一緒に生活するのですから、すべてが良いことばかりというわけにはいきません。夢と希望に満ちあふれた生活を想像して結婚したのに、こんなはずじゃなかった、と後悔することもあるでしょう。 結婚前には想像もできなかったような、結婚後の苦労にはどういったものがあるのでしょうか。 ・結婚相手の態度が急に変わる 男性でも女性でもそうですが、結婚を機に急にそれまでと態度が変わる人も少なからずいます。 結婚する前はとても優しくて穏やかな男性だったのに、結婚したら急に亭主関白になって威張り散らしたり、なんでも気を利かせてやってくれていた女性が、いきなり何もしないで家でゴロゴロしだす、なんてこともよく聞く話です。 ・生活のリズムが合わない 別々に暮らしていると気が付きにくいですが、一緒に暮らすようになると生活のリズムが合わずにそれがイライラの原因になることもあります。 食事の時間や寝る時間、準備にかかる時間や空いた時間の過ごし方など、ほんのちょっとしたズレでも毎日のことになるとかなり気になります。これは、結婚する前に短い期間でも同棲してみると、事前にわかることかもしれません。 ・両親との関係 結婚は個人同士だけの話ではなく、家族、親戚を含めた繋がりを持つことです。これをきちんと理解できていないと、結婚後にお互いの両親や親戚との関係で苦労をすることになります。 特に子供ができたりすると、相手側の両親との関係が問題になることが多いですね。子供の世話をお願いできるのはメリットですが、同時に子育ての方針や食事の内容などについて、たとえお互いに悪気が無くても衝突の原因になります。 ・金銭感覚の違い 結婚してから相手と自分との金銭感覚のズレに気が付き、それが苦労に繋がることがよくあります。付き合っている時はお互いの財布の中身やお金の使い方についてちゃんと話しませんから、このズレはよく起きます。 自分にとっては全く価値を感じられないものに対して高額な費用を平気で支払うのを目の当たりにすると、これから一緒に長くいられるかどうか不安に思ってしまいます。 所詮は他人同士ですから価値観を完全に合わせることは難しいですが、お金のことは生活する上で非常に重要ですから、必ず事前に話し合いをしておくことをおすすめします。